f:id:yarukimedesu:20120103183741j:image

 もしくは、傲慢だろうか。ここ数日、しこしこと増田(匿名ダイアリ)記事を読んでいるのだけど、結構、気付かされる部分が多い。情報の真偽とかは、まぁ、ともかくとして、匿名とて、誰かが書いている文章なのだから…。

ねらーは「勘違い年増婚活女」を攻撃したいようだけど、その層は情弱なのでネットをあまり見てない。



そして女子中高生に「今の君たちの肉体には価値があるよ、君たちの頭には価値がないし、君たちが歳をとったら君はゴミになるけどね」と結果的に刷り込んでいる。



女叩きは若い日本人女性の日本人男性に対する恐怖感や嫌悪感を煽るだけだ。

ネットで女叩きするデメリット

 このエントリを読んで、気付かされた。確かに私も、「アラサー」とか「アラフォー」とか言って、結婚活動を頑張っている、私よりも年上の世代の女性達の、2ちゃんねるまとめ記事とかの、偏った情報を読んで、「年収800万円以上?ねーよwww」とか、思っていて、それらの記事を、はてブとかして、フィードバックこそ、してなかったけど、自分の中に、醜い、傲慢な心は、生まれていた。

 だがしかし、そういう思考、言動が、実際の対象以外にも、『女性』という集団の中で、他の世代に伝わるモノ…というのは、意識してなかった…。当然っちゃあ当然なのだけど、若者も、いずれ、老人になるのだから、今の女子中高生も、そのうち、アラサー、アラフォーになる訳だ。その頃には、その頃の女子中高生がいるから、漠然と生きていると、その変化は見過ごしそうだけど…。

 女性に限らず、男に関しても、今、私が老人のことをなじれば、30年後くらいにブーメラン・アタックとなる。私が、小学校くらいの時に、近所に住んでいた(多分)無職のおっちゃんのことを、どう思っていたのだろうか…。

 私は、今日、気付いて、もう、みんな気付いているかも知れないけど、人間は、時間の中で生きていて、連続している。若い人も、年をとる。案外、異性に関しては、そのあたりの意識が適当になるのかも知れない。

f:id:yarukimedesu:20120106212620j:image

 これらのことを考えて、以下の増田記事を読みなおすと、また、別の意味あいが感じとれる。

外見がかっこ悪い云々以前に、チビ男はコンプの塊で性格歪みまくってるのがデフォだから。



DV加害者に背の低い男が多いっていう統計も出てるし。



身長のせいで女にモテなくて、男として見てもらえなかった反動か…



もう本当に修正不可能ってほど性格歪んでる奴ばっかり。

チビ男だけはやめておいたほうがいい

 それが、『呪い』だ。このエントリがdisっているのは、既に成長期を終えた、身長が伸びない男性陣だろう。かなり、偏った内容だから、呪いの効力は少ないかも知れない。

 だけど、前半で考えた、加齢による紐付きのことを考えたら、このエントリの呪いが効いてしまうのは、これから身長が伸びていくであろう小中学生なんじゃないだろうか。小中学生の男子。遺伝子のこととかを知れば、自分の親・親類を見渡すかも知れな。私は、牛乳大好きっ男だったけど、夢の領域(170代)には、到達できなかった。

 別に、身長のことは、コンプレックスになってないのだけど、演劇をはじめた時に、「舞台で見栄えがする身長は、165〜168くらい」というのを聞いて、ちょっと嬉しかったのは、コンプレックスだったのだろうか???


 インターネットに関する「呪い」という概念を感じだしたのは、以下の記事を読んで。

現代日本社会は「呪い」の言葉が巷間に溢れ返っています。さまざまなメディアで、攻撃的な言葉が節度なく吐き散らされている。

内田樹「呪いの時代に」 ネットで他人を誹謗中傷する人、憎悪と嫉妬を撒き散らす人・・・・・・異常なまでに攻撃的な人が増えていませんか  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

 インターネットの「呪い」という概念を知った方が、幸せかどうか、もしかしたら、知らない方が幸せでいられるかも知れないけど、この記事には『解呪』の力があるから、感受性と理解力に一定の自信のある人は、読んでおいた方が良い。

 私が、このようなエントリを書いているのも、『呪い』の一端を引きうけている気がするのだけど、それを気に病むことは、『傲慢』なんだろうか。人間の精神活動が発する『呪い』は、不可避な気がするけど、少なくとも、『解呪』できる機会も、増えて欲しいと思う。

 こまねち。