担降りブログでなく、担降りして1年経ったなブログです。なんだそりゃ。

 

少年たちが今年も幕を開けました。
深澤担になると決めてから初めて行った現場が少年たちだったな、とふと思い出したので今年の少年たちに入る前にSnow Manとの出会いから深澤担になったこの1年を備忘録として残しておきます。

 

 

 

▼スタンス


応援スタンスの話 - わたあめのように甘く儚く
応援スタンスはこのブログに書いたように割とマイペースで自己満足にオタクしてます。まあオタクなんてみんな自己満ですよね。

 

その他オタクをする上で、
①Jr.担にはならない
②自分より年下を担当にしない
③グループのお笑いキャラは担当にしない
の3つを私は心に決めていた。
 
10年以上ジャニオタをやってきた経験上何となく自分の地雷とか将来とかを考えた時に自然とこのスタンスに落ち着いた。深澤さんJr.だけどね。あれおかしいな。

 

 

 

▼Snow Manとの出会い


全ては2015年9月30日に放送されたの少年倶楽部で「ZIG ZAG LOVE」を見たことから始まった、と思う。
当時桐山担だったのでMCとジャニーズWESTの出番だけ見ていた。Jr.担にはならないって決めていたのでJr.の出番は基本的に流し見していた。
番組終了後、舞台袖でSnow Manのパフォーマンスを見ている桐山さんの画像が回ってきたからそこを確認するためにZZLを見ることにした。単純に関西びいきの桐山さんが関東のJr.を見ているってことに驚いてそのグループに興味を持ったことが大きいと思う。

 

まあ軽い気持ちで見るものじゃなかった。


まず1つ目、曲がとても好み。6人横並びの登場は元嵐担の血が騒ぐ。
2つ目、噂のハチマキ衣装。なるほど。これはないと思うよ社長。
3つ目、6人の歌声綺麗で好き。私の好み。
4つ目、落ちたバンダナをさりげなく回収する鈴木亮平似の人(岩本さん)、職人で素敵すぎる。
5つ目、アクロバット凄すぎじゃない?WESTの濵田さんと神山さんよりも激しいことするなんて思わなかったからびっくりした。

 

感想がびっくりするくらい雑だけど、無意識で繰り返し見ていた。

そして気がつく。Snow ManってJr.の中でも触れない方が良い(沼が深い的な意味で)と言われてるグループなのでは、と。これはまずいという事でしばらく距離を置いた。今思うととてももったいない。それ以降、結局少クラはジャニーズWESTとSnow Manのところをしっかり見ていたので担降りは秒読みだった。

 

 

 

▼サマステジャニーズキングダム


2016年の夏。軽い気持ちで申し込んだら当たったのでSnow Manのパフォーマンスを初めて生で見ました。
かっこよかった。とっても。本当にかっこよくてびっくりした。アクロバットすごいしパフォーマンスの完成率も高いなって思った。
あと、一緒に入った友達が萩谷担だったので上手側にいた関係で周りにすの担がおらず、岩本さんにZZLポーズしたらファンサ貰えて嬉しかった。ひぃちゃんスマイル可愛い。他のメンバーにもファンサをしてもらえて、ファンサってこんなにもらえるものなのかっていうカルチャーショック。Jr.ってすごい。

 

深澤さんがMCで安井姐さんと一緒に高橋海人さんのフォローをしている姿がとても素敵で、笑顔が素敵で、3枚目を全力でやっているところが素敵だった。ボールをお客さんにぶつけたり、口づけしたボールをちゃんと消毒してねって言ってたりしてて、深澤さんの周りはいつも楽しそうだなあ、と思った。

 

現場落ちなんてしないと思ってたのにその後に入った公演でも深澤さんしか見れなくて結局この年の夏に深澤さんに担降りしました。担降りを認めて決意するのに約1年かかりました。

 

 

 

▼少年たち


海外研修に行っていた関係で日本に帰って来たら幕が開けててびっくりしました。ご縁があって3回ほど入れたので良かった。スケジュール管理はしっかりしましょう( ◜◡◝ )

 

ふかほく兄弟の演技がとても良かったし「約束の歌」も声がわたあめで綺麗で好きだった。今年歌わないらしくて悲しみが深い。個人的に好きだったハーブレでシンバルを無心で叩く宮舘さんが見られないことも悲しい。


基本的に黙って座って見ていることが苦手なので舞台は得意でなかったのに苦痛を感じずに楽しめた。深澤担が想像していた以上に楽しいなって思った秋。

 

 

 

▼JOHNNYS’ ALL STARS ISLAND


12月の公演だけ行きました。諸々の理由で1月は行きませんでした。


深澤さんがダンクで怪我をして復帰するかしないかくらいのタイミングで入ったのでダンスとダンクに参加している姿を見て泣きそうでした。本人は無意識なんだろうけど怪我した足首を触ってたりしていて不安でしかなかった。ダンクやめよう。思い返せば自担が怪我をしている場面に遭遇したのは初めてなので座席に座っているだけなのに怖くてしょうがなかった。


「Dinga」を踊っている姿がかっこよすぎて他の記憶はないです。ヒロムワールドの冬の帝劇も楽しかった。

 

 

 

▼Jr.祭り(横浜アリーナ)


宮舘さんのお誕生日をお祝いしました。24歳おめでとう(違う)


新衣装が私の大好きなクラッシュベロアを使ったものだったのでテンション高まってました。Prince担の友達にすのかっこよかったって言ってもらえて嬉しかった。あと、闇つきの立ち位置が目の前でオロオロしていたらダンクが始まったのでゴールをどこかに消し去りたくなりました( ◜◡◝ )ゴール消えて( ◜◡◝ )

 

 

 

▼滝沢歌舞伎


就活と並行していて2回しか入れなかったのが悔やまれる。企業は3日前に面接の連絡してきたり土日に面接入れたりするのやめて…。


滝沢歌舞伎はDVDで見ただけだったので最後までちゃんと見ていられるか不安があったんですけど、ダンスがかっこいいし演出も凄いし何より歌舞伎の演目を見られたことが良かったです。歌舞伎ってなかなか敷居が高くて行きづらいので本家ではないにせよ観劇できて良かった。衣装オタクみたいなところもあるので衣装の配色とかをじっくり見られたのも良かったです。


深澤さんのお誕生日にも入ることが出来たんですけど、これが噂のお誕生日会か…!と衝撃を受けました。毎年楽しくレポを見ていたので実際に見られて良かったです。おさんかくさんの声が可愛くて羨ましかった。Snow Manの春と言えば滝沢歌舞伎のイメージがあるので、すの担らしいこと(?)が出来て良かったです。

 

 

 

▼ジャニーズ銀座2017


クリエも就活と並行していたのでつらかった記憶しかない。(2回目)当日券はほとんど並んでいたので暇だったのかなとは思います。当日券並ぶ→カフェでES書いたり適性診断受けたり店舗見学に行ったり→当日券並ぶって言うスケジュールだったので家でこもってするより就活は捗りました。


当日券当たったら入りたいな〜って言う熱量だったので結局入らなかったです。クリエに対する熱量が少ないのは自分でも不思議。でも深澤さんを好きにならなかったら絶対に足を運ばなかっただろうなって思います。最終日に歴代最高人数が並んだのは地味に嬉しかったです。

 

 

 

▼Summer Paradise 2017


中島健人さんの公演のバックにつくなんて思わなくて5日間予定入ってたので泣きたかったです。オタクやって社会的に死にたくはなかったので我慢しました。理性はまだ残っているから大丈夫(?)DVD発売が待ち遠しいです。

 

 

 

▼~君たちが~KINGS TREASURE


担降りして無事に1年経った。大学生になって初めての担降りをして、そこから1年間好きを持続出来ない状態が続いてコロコロと興味の対象が移り、担当と名乗るのが申し訳なくてなぜか推しと呼んでいる期間が長かったので深澤担を1年続けられた自分にまず驚いた。正直、やっぱりJr.担無理だったわ〜ってなると思っていた。EXの感想はこないだ書いたから割愛。単独のセトリが最高でした◎

 

 

 

この1年濃かった。サマステ終わってからポチポチ書いてたのにいつの間にか少年たちの初日になっていてびっくりした。ので、慌てて書いたら後半がびっくりするくらい雑。まあいっか。

 

 

 

正直1年経ったけど深澤さんの何が自分に引っかかって好きでい続けているのかが不思議でしょうがなくて。
ジャニオタの入口が櫻井さんだったから、頭が良くて顔がかっこよくてでも昔はヤンチャしていたお兄さんが好きだったはずなのに。友人たちに深澤さんに担降りした話をすると、揃いも揃って「どうしたの?????」と言われるくらい、正統派というか、ジャニーズでいうメンカラが赤のセンター顔みたいな人が好きだったはずなのに。顔の系統は似ていないけどチャラいところは一緒だからOKなのかな、片耳ピアス最高〜〜。(各方面に失礼)

 

冗談はさておき、冒頭で挙げた3つの決め事のうち3つ目の『③グループのお笑いキャラは担当にしない』は1番大事にしていたので現場には魔物が住んでいますね本当に。
グループのお笑いキャラ、要するに3枚目の事です。3枚目の担当って本当につらくて。自分の中では1番かっこいい人なのに笑い者にされて、メディアに出る時は当たり前の様に汚れ役で、グループの他担からもネタにされて。かっこいいって言っても鼻で笑われるのが本当に悲しいからお笑いキャラは担当にしないって決めてました。
でも2016年のサマステに行く前に、何かのインタビューで宮舘さんが「ふっかのファンの人たちはふっかのかっこいい所が見たいだろうからライブでは自分が3枚目をやる」的なことを言っていたのを読んでいてすごく安心した記憶があります。多分それを読んでいたから深澤担になるってスルッと決められたのかなって思う。あと本人が3枚目を楽しんでて、グループの他担もふっかかっこいいって普通に言ってくれてるのも大きいと思う。

 

あと『①Jr.担にはならない』っていうのも意外と気にならなかったなと思った。なんとなく、なんの確証もないけれど、深澤さんはきっとジャニーズでい続けてくれるんだろうなってこの1年で感じた。根拠は何もない。勝手にオタクの願望を押し付けているだけだけど。


多分未来が見えなくてもがいている自分とデビューという掴めそうで掴めない、ゴールでもない目標に向かって走っている彼らがかっこよく見えたんだろうなって思う。彼らの努力とか苦労とかには足元にも及ばないけれど勝手に一緒に走って仲間になりたいだけなのかもしれない。オタクって本当に自分勝手。担当って何なのだろうか。

 

色々と長ったらしいですね。

ジャニオタを始めて10年以上経って、情報の取捨選択が出来るようになったこともあると思うけど、ジャニオタやってた今までで一番楽しい。本当に深澤さんと出逢えて幸せだなって思う。

 

オタクなんて自己満足なんだから自分の人生の1つとしてSnow Manを応援していきたいなって思いました。まだまだ知らないことがたくさんあるけれど、自分のペースでゆっくりと勉強していきたいなと思います。兎にも角にも深澤担楽しい!

 

 

 

今年も少年たちが楽しみだ〜〜!

 

 

 

おしまい。